芋煮の〆は、ご馳走

・芋煮を愛する人のための「特別に作った専用うどん」
・最後の〆を「ご馳走にするうどん」です。

・熱々の芋煮鍋に負けない、う・ど・ん

煮崩れにくい、高温のスープでも美味しく食べれる
鍋焼きうどんや煮込みうどんと違う視点、創業明治35年の118年以上続く老舗製麺所、当時85歳の匠のおばあちゃんとの会話から、開発がはじまりました。

芋煮会でもっとおいしいうどんを楽しみたいとふと思い、老舗製麺所の麺で育った私は開発者の叔母に相談する。父と大きく年の違う姉がおばあちゃんのような叔母は、当時病を患っていましたが、叔母は面白いこと、おいしいことをやろうと病院に行く車の中で何度も話し合い、時間を作って試作を重ねてくれた。

そして完成後、商品化する前に2016年 他界しました。
さらに、翌年、試作品を何度も食してアドバイスしてくれた強力な山形出身の支援者も他界し、幾度となく商品化できず受注生産のみで対応してきました。

伊豆で118年続く老舗製麺所のおばあちゃんの遊び心と、今までの経験が注ぎ込まれました。芋煮を一緒に食べてうどんを入れてみる。既存のうどんを入れてみても納得いかない。だったら、、、と、試行錯誤の末、「帯うどんの技術」と「熟練の技」が奇跡を生みました。

MENS
  • Facebook Basic Black
  • Black Instagram Icon

© 2023 by happy kids. Proudly created with Noodles.life

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now